2019年8月19日月曜日

第29回(2019年)アンマ来日プログラムの様子

29回目となるアンマ来日プログラムは、昨年同様TRC東京流通センターのFホールで開催されました。
東京モノレールの流通センター駅の正面です。
今年も平日3日間の開催であったにも関わらず、昨年以上に多くの方がご来場されました。

<初日、7月22日(月)>

初日、月曜日も、アンマに生まれて初めて会われる大勢の方を含むとても多くの方がアンマに会いにいらっしゃいました。

開始時間前から場内がアンマの入場を待たれる方々で埋め尽くされ、
一年ぶりにお母さんに再会する子供のような瞳で待ちわびる方、
嬉しくて仕方ない、という元気いっぱいの笑顔で待たれる方など、
多くの方の視線がアンマの入場口へと集まっていました。
ほどなくしてアンマの姿が見えると、
一瞬にして場内が温かな拍手で包まれました。
前回の来日が一年以上前であったことを忘れてしまうほどステージ上のアンマは変わりない慈しみ深い視線を客席の皆様に向けられ、
すぐにメディテーションの時間が始まりました。
場内が深い静寂に包まれ、皆様の心が日常の喧騒を忘れて、落ち着いてゆくのが感じられました。

会場全体がアンマの清らかなエネルギーに満たされる中、いよいよアンマの抱擁が始まりました。

生まれて初めてアンマに会われる方は、
少し緊張気味にアンマのもとへ来られますが、アンマはすべての方をわが子のように優しく抱きしめ、感極まる方の涙を優しく拭っていらっしゃいました。

この日は、今年で5年目のご来場となります、
インドネシアのスカルノ元大統領夫人、
デヴィ・スカルノ様(デヴィ夫人)がアンマの抱擁をお受けになりました。
ご自身のブログやツイッター、フェイスブックでアンマの来日をご紹介くださっています。

<二日目、7月23日(火)>

この日の午後に行われたアンマ来日記念式典には、
ご後援いただいているインド大使館より
サンジャイ・クマール・ヴァルマ大使閣下と
奥様のグンジャン ヴァルマ様がご参加くださいました。


アンマ歓迎スピーチの中で大使は、
インドの伝統的思想や精神について語られ、現代のストレスに対して呼吸法や瞑想を含むヨガなど、霊性が有効であると話された後、
こうおっしゃいました。
「広くアンマ(お母さん)として知られているマーター・アムリターナンダマイー・
デーヴィーが、定期的に日本を訪問して霊的な講話を授けておられることは、
日本の皆さんの『人生の真理』の探求や、人生におけるストレスの軽減、
『ワーク・ライフ・バランス』を保つ方法を学ぶことなどに、寄与していると信じています。」

また、アムリタハートの人道的、社会的奉仕への努力が成功するよう願っています
というお言葉もいただきました。

プログラムには、車椅子で来場される方々も毎年おられ、
スタッフが車椅子をアンマの方に横に傾けて支えるなどして、
抱擁を受けていただいています。

今年印象的だった方のお一人に、車椅子で来られたかなりご高齢の女性がおられました。
抱擁をお受けになるまでは、うつむいてお元気もなく、意識もうつろな感じでしたが、
アンマの抱擁を受け終わった途端に、お顔がピカピカつやつやになり、
ほおも桜色になって別人のようにニコニコされ、とても喜んでおられました。

<最終日、7月24日(水)>

最終日午後の部の冒頭には、
特別プログラム「世界平和の祈りのセレモニー」が行われました。

アンマはステージに上がると、インド人女性のお弟子さんを傍らにお呼びになり、
何かを話しておられました。
するとそのお弟子さんは、来場者スペースと会場左端のカフェスペースとの
間を仕切るパーティションのところへ行き、一人でご自分の背より高いパーティションをカフェスペースの方へ動かし始めました。

アンマがこれからいらっしゃる方々の人数を見越して、
来場者席を増設するよう指示されていたのでした。

何が起きているのか気づいたボランティアの方たちが駆けつけて、
皆で座席を増やしたのですが、
長年アンマに仕えて世界中を旅し、抱擁時にいつもアンマの横に何時間も
立ち続けて、抱擁が安全にスムーズに進むよう取り計らっておられる
このインド人女性のお弟子さんが、もう若くはなく、お体も疲れておられるにもかかわらず、誰にも頼まず、指図もせず、ご自分で座席を増やす作業を始められたのが、
とても印象的でした。

最終日の午後の部は、翌朝まで続くため、仕事を終えたスーツ姿の方等も
大勢来場されていました。

すべての方の抱擁が終わった翌朝早朝には、昨年以上に大勢の方が会場に残っておられ、抱擁の余韻や、会場を満たしているアンマのエネルギーに浸りながら、アンマとの残り少ない時間を惜しんでおられました。

最後のお一人の抱擁が終わった後、アンマはすべてを包み込むような慈しみ深い眼差しを、会場におられるお一人おひとりに向けられました。

ステージを去る間際にアンマは、
手のひらを開いて両手を上に上げ、平和の白い花々が空から降り注いでくるのを
想像してくださいとおっしゃいました。

アンマが誘導されるメディテーションの時間にも、手は上げずに、
平和の白い花々が世界中に降り注ぐのを想像するよう教えておられますが、
現在の世界情勢を鑑みて、大事なことなのでわざわざ去り際にもおっしゃった
のだろうかとも思われます。

こうして長かったアメリカ、カナダ、日本ツアーが終わり、
アンマはその後も様々な仕事をこなされてから、その日のうちに日本を発つという超人的なスケジュールで、インドへ戻られました。
真夏で懸念された気温も、ありがたいことにプログラム開催中は20度台後半と暑くはなく、気温が上がったのは、
プログラム最終日の翌日のことでした。

こうしてプログラムが無事に開催できましたのは、様々な形でご協力くださったすべての皆様のおかげです。

中には、開催数か月前から短い睡眠で作業し続けてこられた方々や、
来月以降まで、プログラムで使用した大量の備品の片付けが続く方々も
おられます。

こうして皆様お一人おひとりの愛とご協力が集まって実現したこのプログラムで、
皆様がアンマから受け取られた愛や清らかさ、叡智など、様々な善いものが、
皆様を通じて、日本中、世界中に広がってゆきますよう祈念致しております。

改めまして、皆様に心より、深く感謝申し上げます。

よろしければ、こちら(開催の御礼)もご覧ください。

特定非営利活動法人 国際チャリティ協会アムリタハート

2019年7月28日日曜日

第29回(2019年)アンマ来日プログラム開催の御礼

「第29回アンマ来日プログラム」は、
来日してくださったアンマやお弟子さんたちはもとより、
多くの皆様の様々な形でのご協力により、
3日間の日程を盛況のうちに終了することができました。

数か月前の準備から、現在も続く後片付けに至るまで、ご尽力いただいている
ボランティアの皆様、ご寄付をお寄せくださった皆様、プログラムガイドの
協賛広告にご協力くださった皆様、
必要な物資等をお寄せくださった皆様、
その他様々な形でご尽力くださった皆様の温かなご協力のおかげをもちまして、
昨年以上に多くの方々がアンマの抱擁をお受けになることができました。

抱擁をお受けになったピカピカの笑顔の方たちが「アンマすごいねー!」
などとお話しになっているのも、開場のあちこちで目にすることができました。

こうしてアンマの愛や清らかさが皆様の中に、そして皆様を通じて世界へと、
広がってゆくのも、皆様のご協力のおかげに他なりません。

真夏で懸念された暑さも、ありがたいことに開催期間中は20度台後半と暑くなく、
ぐっと気温が上がったのは、プログラム最終日翌日のことでした。

アンマは最終日の翌朝まで抱擁を続けられ、その後様々な仕事をなさってから、
同日午後には、インドへと旅立たれました。

「第29回アンマ来日プログラム」の様子は、
後ほど、下記の媒体でご紹介させていただく予定です。

ブログ(アムリタハート便り)

インスタグラム(アンマ&アムリタハートニュース)

フェイスブックページ(アンマ&アムリタハートニュース)

ツイッター(国際チャリティ協会アムリタハート)

メールマガジン(アンマほっとニュース〔無料〕)

これらの各種公式媒体では、アンマの来日情報や、アンマ関連イベント、
アンマの人道的活動(ETW)のご紹介、そしてアンマのインスピレーションに満ちた
言葉や、アンマの日々のニュースなどをご紹介しています。こちらもどうぞお気軽にご活用ください。

皆様に注がれたアンマの愛や清らかさ、叡智などが、皆様と世界の未来を明るいものにしてくれますように。

改めまして、皆様のご理解とご協力に、心より深く御礼申し上げます。

特定非営利活動法人(NPO法人)国際チャリティ協会アムリタハート

2019年7月21日日曜日

Please read before Amma’s program

For your smooth participation:


・There is NO space to keep suitcases or big baggage in and around the Hall.
Please Never bring big baggage.

・The hall is airconditioned and some people feel cold.
It could be better to bring something to put on.

・No pets allowed except the guide dogs.

・In order to receive Amma's darshan, you must first have a token.
Each token is valid for only that particular day and program.
We will begin distributing tokens as soon as the program hall opens.
For visitors coming by train to the evening program,
please be aware of the time of your last train,
make sure you arrive at the program as early as possible,
and obtain a token as soon as you arrive.

Please be sure to read the details about tokens here:
http://ammanpo.blogspot.com/p/tokens2019.html

Overall info about the program:
http://www.amma-rainichi.org/english/index.html

<アンマ来日プログラムご来場に向けてお読みください>


皆様のご協力のおかげをもちまして、いよいよ明日22日から
『第29回アンマ来日プログラム -Embracing The World 2019-』が開催されます。
永遠に続くわけではないこの貴重な機会に、
お一人でも多くの方がアンマにお会いになり、
永遠に記憶に残るような素晴らしい経験をされますよう祈念致します。
初めての方も、お一人でお越しの方も、
どうぞお気軽にご来場ください。

快適でスムーズなご参加に役立つ情報を以下に記しておりますので
是非、事前にお読みくださいませ。

*会場スペースの制約上、スーツケース、キャリーケース等の大きなお荷物は
お持ちにならないようお願い致します。
会場外に置いておくスペースもございませんのでご注意くださいませ。

*皆さまに安心してご参加頂くために、
ご入場前に簡単なお手荷物検査を行わせていただきます。あらかじめご了承下さい。

*場内は空調が効いておりますので、羽織る物などをお持ちください。

*車椅子でご来場の方は、下記の総合案内へご連絡いただければ幸いです。
総合案内:090-6508-7379(開催前:12:00-19:00、開催期間中:8:30~)

*盲導犬を除く、ペット同伴でのご入場は出来ません。あらかじめご了承下さい。
盲導犬につきましては、総合案内までご連絡ください。
総合案内:090-6508-7379(開催前:12:00-19:00、開催期間中:8:30~)

*今年は夏休みにあたる方々もおられ、
例年以上に多くの皆様にご来場いただけると予想しておりますが、
”開場時間前は”、屋内でお待ちいただけるスペースに限りがございます。
真夏ですので、猛暑や悪天候の中でお待ちいただくと、
体調を崩される方が出る可能性があり、
大勢の方に屋外でお待ちいただくわけにもまいりません。

こうした事情から、お帰りの時間にゆとりのある皆様のご来場は、
"開場時間以降"の "できるだけ早い時間" にしていただけますよう、
ご理解・ご協力をお願い申し上げます。

整理券の配布開始・終了時間にも目安(あくまでも目安です)がございますので、
下記のページもあわせてお読みいただき、ご来場計画を立てていただければ幸いです。
昨年までと内容が一部異なりますので、ご来場経験をおもちの皆様も是非お読みください。
整理券について(2019):http://ammanpo.blogspot.com/p/2019_20.html

※一般のお問い合わせと、整理券専用のお問い合わせの電話番号が異なります。
整理券につきましては、上記ページをご熟読いただいた上で、
整理券専用のお問合せ先(=下記)までお問い合わせください。
メールでのお問い合わせにはご対応いたしかねます。

【整理券お問い合わせ専用】℡ 080- 4198- 5931
(開催前:12:00~16:00、開催期間中:8:30~)
※開催期間中のお電話は大変繋がりにくくなっております。あらかじめご了承ください。

【一般のお問合せ:総合案内】℡ 090-6508-7379
(開催前:12:00-19:00、開催期間中:8:30~)
※開催期間中のお問い合わせはお電話でのみ承っております。

2019年7月16日火曜日

UAEの《デジタル世界における子どもの尊厳》フォーラムに招聘

UAE政府の招聘により、アンマは、2018年11月19日~20日にアブダビで開催され
た《デジタル世界における子どもの尊厳》フォーラムにて、
‘信仰指導者による行動の呼びかけ’の一環として、開会の辞を述べました。
アンマの演説は、アンマ自身が過去30年間にわたって世界中の何万人もの性的搾取
や性的虐待の被害者たちと直接話をしてきた経験に基づいたものでした。

「法律とその執行に効果があるなら、なぜ性的搾取は憂慮すべき率で
増え続けているのでしょう? 国連や各国政府、社会福祉団体がこの問題に
取り組んでいるにもかかわらず、改善が見られないのはなぜなのでしょう?
知ってか知らずか、鍵となる要素が見落とされているのです。
それは霊的価値観です。心の文化を育むために、霊性に基づく価値観が必要なのです。
各家庭が、この文化を子供の頃から浸透させる環境となるべきなのです。」


問題は現実であり、拡大しています - 世界中で32億人以上にのぼるインターネッ
ト・ユーザーの4分の1は、子供と青年です。
そして、その8億人の若いユーザーたちは、ますます性的虐待、略奪、搾取、そして嫌がらせの被害者になる危険にさらされています。マイクロソフトによる2015年の調査によると、毎日720,000件の子供の性的虐待の画像がアップロードされています。フォーラムでは、アンマは画期的な記念碑であるワハト・アル・カラマで開催された信仰指導者サミットにも参加しました。
そこでは、アンマおよび5名の上級信仰指導者が、子供を守るためのアブダビ宗教間宣言を支持してゆくことを誓いました。





2019年6月2日日曜日

第53回清掃活動(6/23)のご案内

『世の中の環境問題に意識を向け、共に活動しましょう』というアンマからのメッセージのもと、都内の公園の清掃活動を行なっています。


2015年3月、インド・デリーの首相官邸にて、アンマとナレンドラ・モディ首相との会談が行われました。

アンマは、会談の中で、ガンジス川とその流域の保全・美化活動に強い関心を示され、首相は、2014年に首相によって始められたスワッチャ・バラット・アビヤンという、
インド全土の清掃・浄化活動に、アンマが多大な貢献をしておられることに感謝の言葉を述べられました。
ETWは現在、大規模な清掃・浄化活動を展開しています。

日本のアムリタハートも、少しでもアンマの意図を実現できるよう、約一時間半のシンプルな活動ですが、清掃を行っております。皆様と共に続けてゆけますと幸いです。

【日程】2019年 6月23日(日)

【時間】10:30~正午(約一時間半)

【場所】戸山公園(高田馬場)

【集合場所】JR山手線 高田馬場駅 戸山口(新宿寄り改札出口)

*担当者が「アムリタハート」と記載した用紙を持ってお待ちしております。

【集合時間】午前10:30
 ※10:35には集合場所から清掃場所(戸山公園)へ移動を開始しますので、

  万が一、集合場所に間に合わない方がおられましたら、
 下記の携帯番号までご連絡下さい。
 090-6508-7379(※当日09:00-12:00のみ有効)

*小雨程度では決行いたしますが、大雨や強風、台風などの場合は延期となります。

延期の場合のみ、前夜(6/23)の22:00迄にこのページで「延期」をご報告させていただきますので、再度、このページをご確認ください。
開催する場合は、特に何も追記いたしませんのでご了承ください。

【活動内容】公園の掃除:ゴミ拾いを中心に公園の衛生を強化する。

【持ち物】掃除用具は揃っておりますが、飲料水、タオル、軍手等、ご自身に必要な物は各自ご用意下さい。

(小雨程度の場合は決行致しますので、カッパ等もあると便利です)

【その他】動きやすい服装や靴でお越し下さい。

【連絡先】

・前日まで kouhou☆amritaheart.org(☆マークを@マークに変えてください)

・当日 連絡先 090-6508-7379(※当日のみ有効 09:00~12:00)

【担当者】小野、五十嵐


インドの浄化運動のための、アンマとモディ首相によるビデオ会談はこちら

再始動式の様子は下記のリンクより動画でもご覧いただけます。
アンマとモディ首相のビデオ会談動画)

2015年3月、アンマがシュリー・ナレンドラ・モディ首相の邸宅を訪れた際、
モディ首相は、5つの州にわたるガンジス川流域の村々において、
トイレ建設プロジェクトを始めることをアンマに依頼なさっていました。
その時の様子は下記のリンクより画像と動画でご覧いただけます。
アンマ、モディ首相の邸宅で会談(画像/日本語での紹介)

2019年5月18日土曜日

アンマがマイソール大学より名誉博士号を授与されました

アンマはインドで6番目に長い歴史を持つマイソール大学(UOM)より、
名誉文学博士号(D.Litt. Honoris Causa)を授与されました。
保健家族福祉省閣外大臣のアシュウィン・クマール・チョウビー氏、
ケーララ大学副総長のV.P.マハデーヴァン・ピライ博士を始めとする要人が参列する中、
授与式が行われました。
マイソール大学副総長のG.ヘマンタ・クマール教授は次のように述べました。

「アンマにこの名誉学位を授与することは、マイソール大学にとって栄誉なことです。
アンマは、過去40年にわたり、霊性の教育から広範な人道支援活動に至るまで、
世界に多大な貢献をしてこられました。
そして、それら二つが、一つのコインの両面をなすものであることを社会に示してこられました。
私たちは、神の姿を目で見ることはできないかも知れませんが、
困窮する人達、苦しんでいる人達に助けの手を差し伸べるために、
倦むことなく人生の全てを捧げてこられたアンマの中に、
神に由来するあらゆる性質を見出すことができます。」

続いて行われた講話の中でアンマは、学術研究や科学を、真理や正義、
貧しい人たちへの思いやり深い奉仕といった、
霊的価値にしっかりと根ざさせ続けることの大切さを強調しました。
「今日の大学では、研究者たちの進歩や昇進は、外部から獲得する資金の額や、
研究結果の発表数、彼らが知性によって何を成し遂げられるか、によって判断されています。
ですが他にも考慮に入れるべきことがあります。
それは、彼らが見出したものが社会の下層にいる人々にどれだけ助けになり、
彼らが、貧しく助けを求めている人々にどれだけ奉仕できてきたかです。
こうしたことが考慮されるようになれば、黄金が芳香を放つような素晴らしいことになるでしょう。」
アンマが授与される名誉学位はこれが二つ目となります。
2010年、ニューヨークのバッファローにて、
ニューヨーク州立大学より名誉人文学博士号を授与されています。

2019年5月15日水曜日

第52回清掃活動(5/26)のご案内

『世の中の環境問題に意識を向け、共に活動しましょう』というアンマからのメッセージのもと、都内の公園の清掃活動を行なっています。

2015年3月、インド・デリーの首相官邸にて、アンマとナレンドラ・モディ首相との会談が行われました。

アンマは、会談の中で、ガンジス川とその流域の保全・美化活動に強い関心を示され、首相は、2014年に首相によって始められたスワッチャ・バラット・アビヤンという、
インド全土の清掃・浄化活動に、アンマが多大な貢献をしておられることに感謝の言葉を述べられました。
ETWは現在、大規模な清掃・浄化活動を展開しています。

日本のアムリタハートも、少しでもアンマの意図を実現できるよう、約一時間半のシンプルな活動ですが、清掃を行っております。皆様と共に続けてゆけますと幸いです。

【日程】2019年 5月26日(日)

【時間】10:30~正午(約一時間半)

【場所】戸山公園(高田馬場)

【集合場所】JR山手線 高田馬場駅 戸山口(新宿寄り改札出口)

*担当者が「アムリタハート」と記載した用紙を持ってお待ちしております。

【集合時間】午前10:30
 ※10:35には集合場所から清掃場所(戸山公園)へ移動を開始しますので、

  万が一、集合場所に間に合わない方がおられましたら、
 下記の携帯番号までご連絡下さい。
 090-6508-7379(※当日09:00-12:00のみ有効)

*小雨程度では決行いたしますが、大雨や強風、台風などの場合は延期となります。

延期の場合のみ、前夜(5/25)の22:00迄にこのページで「延期」をご報告させていただきますので、再度、このページをご確認ください。
開催する場合は、特に何も追記いたしませんのでご了承ください。

【活動内容】公園の掃除:ゴミ拾いを中心に公園の衛生を強化する。

【持ち物】掃除用具は揃っておりますが、飲料水、タオル、軍手等、ご自身に必要な物は各自ご用意下さい。

(小雨程度の場合は決行致しますので、カッパ等もあると便利です)

【その他】動きやすい服装や靴でお越し下さい。

【連絡先】

・前日まで kouhou☆amritaheart.org(☆マークを@マークに変えてください)

・当日 連絡先 090-6508-7379(※当日のみ有効 09:00~12:00)

【担当者】小野、五十嵐


インドの浄化運動のための、アンマとモディ首相によるビデオ会談はこちら

再始動式の様子は下記のリンクより動画でもご覧いただけます。
アンマとモディ首相のビデオ会談動画)

2015年3月、アンマがシュリー・ナレンドラ・モディ首相の邸宅を訪れた際、
モディ首相は、5つの州にわたるガンジス川流域の村々において、
トイレ建設プロジェクトを始めることをアンマに依頼なさっていました。
その時の様子は下記のリンクより画像と動画でご覧いただけます。
アンマ、モディ首相の邸宅で会談(画像/日本語での紹介)

2019年4月18日木曜日

東京(5/19)シャンタジ・プログラム ※要予約

愛を育てる
―愛することと、愛であることの違い― 

Br.シャーンタアムリタ・チャイタンニャ〔通称:シャンタジ〕
≪アンマ:マーター・アムリターナンダマイー・デーヴィの直弟子≫

 第29回目を迎えるアンマ来日プログラムの開催を前に、アンマの直弟子であるBr.シャーンタアムリタ・チャイタンニャ(シャンタジ)をお迎えし、講演会を開催します。
 アンマ(正式名:シュリー・マーター・アムリターナンダマイー・デーヴィ)は、過去48年間にわたって世界中を歴訪し、3,900万人以上の人を母のような愛で抱きしめ続けており、ときには4万人以上の人を24時間以上かけて抱きしめることもあります。一人ひとりに純粋な愛を捧げ、抱擁し続けるアンマの慈悲深さは、決して枯れる事のないオアシスのように、訪れるすべての人の乾きを癒し、内なる平安と生きる力を蘇らせてくれます。
―愛そのものの存在をまのあたりにする時、私達は真の愛の姿を知ることが出来るのではないでしょうか。
 このたびの講演会では、アンマのもとに出家され、26年目となるシャンタジから、
「無条件の愛」を休むこと無く体現し続けるアンマの愛の神髄についてお話しいただきます。
 アンマ来日という貴重な機会を前に、一足先にアンマの風を感じていただけますよう、
皆様のご来場をお待ちしております。
2019年5月19日()18:30 ー 20:45(開場18:00)

【内容】シャンタジによる講演、Q&A、交流会

【開催場所】方南会館*会場への直接のお問い合わせはご遠慮ください。

【住所】〒168-0063 杉並区和泉4丁目42番5号 地図

【アクセス】
地下鉄:東京メトロ丸ノ内線「方南町駅」徒歩5分
バス:都営・京王バス(阿佐ケ谷駅・渋谷駅間、渋66)、都営バス(新宿駅西口・新代
田駅前間、宿91)、都営バス(杉並車庫前・新代田駅前間、宿91)で「釜寺」下車徒歩
3分*お車でのご来場はご遠慮ください。

※会場アクセス情報に一部誤りがございました。下記の通り訂正してお詫び申し上げます。

(誤)
>徒歩:丸の内線a1出口より、右に約200m直進、 
>クロネコヤマト事務所を右折し直進約150mの右側。

正しくはこちらーー>

(正)
徒歩:地下鉄丸ノ内線方南町駅下車、進行方向(方南町側)西口の改札を出て、
3a出口より右へ100mほど直進、関東マツダとHonda Cars前を過ぎ、
ヤマト運輸と加瀬トランクルームの間の路地を右折、約150mの右側。

*迷われた場合はお気軽にご連絡ください。
当日(5/19)のお問い合わせ 080-4198-5931(10:00~18:00)

<当日のスケジュール>
*スケジュールは多少前後する可能性がございます。あらかじめご了承ください。
18:00 開場
18:30 講演
19:50 休憩
20:00 Q&A、交流会
20:45 閉会予定

<要予約・参加費無料>

【予約の締切2019年5月17日(金)

【ご予約方法】
Eメールで必要事項をお送りいただくか、または、お申込み専用サイトからお申込みください。
お申込み専用サイト または Eメール
メールの件名には「5/19 東京シャンタジ講演会」とご入力のうえ、
本文には下記の三項目のご入力をお願い致します。
1.お名前
2.ご来場人数
3.ご連絡先
(急な変更等をご確認頂くために、ご来場前にツイッター@Amritaheartjpやブロ
グ等をご覧になれない場合に連絡可能な携帯番号)

【お問い合わせ】
前日までのお問い合わせ*前日迄のお問い合わせはメールで承ります。
「5/19 東京シャンタジ講演会」とご入力ください。
shantaji_tour☆amritaheart.com(☆マークを@マークに変えてください)

当日(5/19)のお問い合わせ 080-4198-5931(10:00~18:00)

※会場にはエレベーターがございませんので、階段の昇り降りが困難な方は、
あらかじめお電話にてその旨をご連絡いただければ幸いです。
(5月10日以降の18:00-21:00/080-4198-5931)