2017年7月18日火曜日

第32回(7/30)清掃活動

『世の中の環境問題に意識を向け、共に活動しましょう』

というアンマからのメッセージのもと、東京都内の公園の清掃活動を行なっています。

ささやかな活動ではございますが、アンマの意図を実現するための一歩として、

是非ご参加いただけますと幸いです。
清掃中のアンマ

2015年 3月、インド・デリーの首相官邸にて、
アンマとナレンドラ・モディ首相との会談が行われました。
アンマは、会談の中で、ガンジス川とその流域の保全・美化活動に強い関心を示され、
首相は、2014年に首相によって始められたスワッチャ・バラット・アビヤンという、
インド全土の清掃・浄化活動に、
アンマが多大な貢献をしておられることに感謝の言葉を述べられました。
詳しくはこちら

ETWは現在、大規模な清掃・浄化活動を展開しています。
日本のアムリタハートも、少しでもアンマの意図を実現できるよう、
約一時間半のシンプルな活動ですが、清掃を行っております。
皆様と共に続けてゆけますと幸いです。

是非、お気軽にご参加下さい。

【日時】2017年 7月30日(日)午前10:30~正午(約1時間半)

【場所】戸山公園(高田馬場)

【集合場所】JR山手線 高田馬場駅 戸山口(新宿よりの改札出口)

*担当者が「アムリタハート」と記載した用紙を持ってお待ちしております。

【集合時間】午前10:30

※10:35には集合場所から清掃場所(戸山公園大久保地区)へ移動を開始しますので、
  万が一、集合場所に間に合わない方がおられましたら、下記の携帯番号までご連絡下さい。

 090-6508-7379(※当日のみ有効 09:00~12:00)

【活動内容】公園の掃除:ゴミ拾いを中心に公園の衛生を強化する。

【持ち物】掃除用具は揃っておりますが、
          飲料水、タオル、軍手等、ご自身に必要な物は各自ご用意下さい。
          (小雨程度の場合は決行致しますので、カッパ等もあると便利です)

※帽子、飲料水、タオルをご持参下さい。
日中は気温も高くなりますので、清掃活動中は、こまめに水分を補給されますよう、
ご無理のないように、お願い致します。

【その他】動きやすい服装や靴でお越し下さい。
※15歳未満の方は、保護者の方ご同伴でのご参加をお願い致します。

【連絡先】

●前日(7/29)まで はこちら

●当日(7/30)連絡先 090-6508-7379(※当日のみ有効 09:00~12:00)

【担当者】小野、五十嵐

大雨などの場合は、延期させて頂く場合がございますので、
天候によっては、当日お問い合わせ頂けますと幸いです。
(小雨程度の場合は決行致します)

どうぞお気軽にご参加ください。

2017年6月12日月曜日

野口勲氏講演会(7/1)【※要予約/先着順】 「一粒のタネからのメッセージ~ 種と私たちの未来について考える~ 」

2012年から東京と大阪で3年続けて開催し、
大きな反響を呼んだ『種について考える』講演会のご案内です。

再講演を望まれる声を多数頂いておりましたが、
この度、皆様のご協力のもと、再びこの機会を得ることができました。

講師は、日本で数少ない伝統的な固定種・ 在来種を扱う種苗店を営んでおられ、
啓蒙活動でも高く評価されている野口勲氏です。
日本全国で、種について考える講演を行われています。
今回は、「一粒のタネからのメッセージ」というタイトルで、
最新の知見を盛り込んだ貴重なお話を伺える予定です。
私たちが毎日何気なく食べて いる野菜、
これらの野菜は実に90%がF1種(一代限りの雑種) という種子から作られています。
遺伝子組み換え種子、 あるいはターミネーター種子(自殺する種子)等が
巨大グローバル企業によって開発・商品化され、 流通されようとしています。
これらの不自然な食べ物が人間や環境に与える影響は、はかり知れないものがあります。

地球の未来のために、一粒のタネからのメッセージを考える、貴重な機会を逃されませんよう、是非お誘い合わせの上、 お気軽にお申込みいただき、ご参加ください。
皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。
-----------------------------
『風船を膨らますのには限度があります。
限界を超えて空気を入れ続けると破裂してしまいます。
それと同じように、一粒の種には生み出せる限界があるのです。
それを考えずに、私たちが人工的な方法を使って生産性を増やし続けようとするならば、
穀物の強さと品質に悪い影響が生じます。
そしてそれを食べる人にも有害になるのです』―アンマ―
------------------------------
≪野口勲氏プロフィール≫
1944年生まれ。手塚治虫氏の担当編集者などを経て、
1974年、家業の種苗店の3代目となる。店名を野口のタネ・ 野口種苗研究所とし、
固定種野菜の種を取り扱う。2008年山崎記念農業省受賞。
著書「いのちの種を未来に」「タネが危ない」「固定種野菜の種と育て方」等。

【タイトル】「一粒のタネからのメッセー ジ」野口勲氏講演会 ※要予約(先着順)

【日時】2017年7月1日(土)13:30(13:00開場)~17:30

【会場】永福和泉区民センター第四集会室 
※会場への直接のお問い合わせはご遠慮下さい。

【住所】東京都杉並区 和泉3丁目8-18

【交通案内】京王井の頭線永福町駅北口から徒歩5分

【会費】1,000円(当日受付にてお支払いください)

詳細

お申込みはこちら

【お問い合わせメールアドレス】
greenfriends☆amritaheart.com
(件名に「7/1講演会」とご入力のうえ、ご送信下さい)*☆マークを@マークに変えて下さい。

2017年6月7日水曜日

第31回清掃活動(6/11)のご案内

『世の中の環境問題に意識を向け、共に活動しましょう』

というアンマからのメッセージのもと、東京都内の公園の清掃活動を行なっています。

ささやかな活動ではございますが、アンマの意図を実現するための一歩として、

是非ご参加いただけますと幸いです。
椅子を修繕・掃除中のアンマ


2015年 3月、インド・デリーの首相官邸にて、
アンマとナレンドラ・モディ首相との会談が行われました。
アンマは、会談の中で、ガンジス川とその流域の保全・美化活動に強い関心を示され、
首相は、2014年に首相によって始められたスワッチャ・バラット・アビヤンという、
インド全土の清掃・浄化活動に、
アンマが多大な貢献をしておられることに感謝の言葉を述べられました。
詳しくはこちら

ETWは現在、大規模な清掃・浄化活動を展開しています。
日本のアムリタハートも、少しでもアンマの意図を実現できるよう、
約一時間半のシンプルな活動ですが、清掃を行っております。
皆様と共に続けてゆけますと幸いです。

是非、お気軽にご参加下さい。

【日時】2017年 6月11日(日)午前10:30~正午(約1時間半)

【場所】戸山公園(高田馬場)

【集合場所】JR山手線 高田馬場駅 戸山口(新宿よりの改札出口)

*担当者が「アムリタハート」と記載した用紙を持ってお待ちしております。

【集合時間】 午前10:30

※10:35には集合場所から清掃場所(戸山公園大久保地区)へ移動を開始しますので、
  万が一、集合場所に間に合わない方がおられましたら、下記の携帯番号までご連絡下さい。

 090-6508-7379(※当日のみ有効 09:00~12:00)

【活動内容】公園の掃除:ゴミ拾いを中心に公園の衛生を強化する。

【持ち物】掃除用具は揃っておりますが、
          飲料水、タオル、軍手等、ご自身に必要な物は各自ご用意下さい。
          (小雨程度の場合は決行致しますので、カッパ等もあると便利です)

【その他】動きやすい服装や靴でお越し下さい。
※15歳未満の方は、保護者の方ご同伴でのご参加をお願い致します。

【連絡先】

●前日(6/10)まで はこちら

●当日(6/11)連絡先 090-6508-7379(※当日のみ有効 09:00~12:00)

【担当者】小野、五十嵐

大雨などの場合は、延期させて頂く場合がございますので、
天候によっては、当日お問い合わせ頂けますと幸いです。
(小雨程度の場合は決行致します)

どうぞお気軽にご参加ください。

「第27回アンマ来日プログラム」開催の御礼

「第27回アンマ来日プログラム」は、皆様のご協力のお蔭をもちまして
無事に3日間の日程を終了することができました。

開催資金やアンマの人道的活動にご寄付下さった皆様、
協賛広告等にご協力下さった皆様、
アンマの来日情報をクチコミやチラシ、インターネット等々で広めて下さった皆様、
準備期間、開催中、そして今も行われている開催後の後片づけ等で、
ご協力いただいている、すべてのボランティアの皆様、
その他様々な形でご協力下さった皆様、
ご来場者の皆様、そして27回も来日して下さったアンマや、随行者の皆様など
このプログラムの開催に関わって下さったすべての方々に
アムリタハート一同、心より厚く御礼申し上げます。

アンマもおっしゃっているように、このプログラムは、
”一滴一滴の水が集まって大河になる”ごとく、
皆様お一人おひとりのご協力が集まって、はじめて実現できているものです。
皆様への感謝は、言葉で言い表すことはできません。

アンマの抱擁をお受けいただくことで、アンマが身をもって伝えておられる
愛や平安、思いやり、様々な美徳などが、抱擁をお受けになった方はもちろん、
周囲の方々、更には、日本全体や世界に、善い影響をもたらしてくれることと存じます。

アンマは、わたしたち皆が、プログラム前後だけでなく、
毎日の暮らしの中で、絶えず、善いことを継続してゆくことを願っておられます。
わたくしどもアムリタハートも、このアンマの精神に基づいて
今後ますます、活動を充実させるよう、努力してまいりますので
どうぞ今後とも、より多くの皆様に、
日本でのアンマ関連の活動にご参加・ご協力いただけますよう、
何卒よろしくお願い申し上げます。

アンマは、最終日25日午後の部の抱擁を、翌26日の早朝まで、休むことなく続けられ、
その後も日本や世界各国に関わる様々な仕事をなさって、
同じ日の午後には、次の開催地であるアメリカ・シアトルに向けて発たれました。

今年、会場でアンマに会われた方も、会われなかった方も、
来年、プログラム会場にて、アンマに会われますよう、心より祈念いたします。

アンマが日本を去られて寂しく感じておられる方も多いことと存じますが、
日本でもお馴染みのアンマの高弟スワミジ(スワーミ・プールナアムリターナンダ・プリ)が6月上旬まで残って下さることになり、
ミニ講演会やクラス等のイベントでアンマの逸話を交えたお話などもしてくださる予定です。
どうぞそちらにもお気軽にご参加いただき、スワミジとご交流いただくとともに、
アンマについて更に深く知っていただければ幸いです。

改めまして、2017年アンマ来日プログラムを無事に開催させていただきましたことを、
アムリタハート一同、心より、深く感謝申し上げます。

特定非営利活動法人 国際チャリティ協会アムリタハート

2017年5月22日月曜日

アンマ来日プログラムご来場時のお荷物に関するお知らせ

アンマのワールドツアーでは、
来場者の皆様に安心してお過ごしいただけますよう、
世界的に新しい手段を設けることになりました。

今回、〔手荷物預かりカウンター〕を会場入り口に設置することになり、
来場者の皆様には、リュックサック(バックパック)や、それと同等以上の大き
さのバッグ等をカウンターにお預けいただいたうえで、ホールへの入場をお願い
することになります。お預けになられたバッグ等のお手荷物は、
プログラム中いつでもカウンターで手にすることができます。
入り口では、簡単な手荷物検査も実施いたします。
大き目のバッグ等は、宿泊先ホテル等に置いて、
お持ちにならずに来場されますことをお勧め致します。

また、例年のことではございますが、会場スペースの制約上、スーツケース、
キャリーケース等の大きなお荷物はお持ちにならないようお願いしております。
会場外にも置いておくスペースがございませんのでご注意くださいませ。

以上をあらかじめご承知いただき、ご存じない方にもお伝えいただき、
冷房に敏感な方は、上に羽織る物等もお持ちいただくなど、
快適にお過ごしいただけるスタイルでお越し下さいますよう、
よろしくお願い申し上げます。

皆さまのご理解とご協力に感謝申し上げます。

2017年5月9日火曜日

東京スワミジお話の会(5/31)

「内なる母性を目覚めさせるために」

誰もが心穏やかに過ごしたいという願いを持っています。
いつの時代にも必要な、慈悲深い母のような無償の愛。誰の内にもあるその愛を目覚めさせると、
心に深い安らぎももたらされると言います。
その純粋で母性的な愛を目覚めさせるにはどうすれば良いか、真の愛や思いやりとは何か、などについて、
スワミジにお話しいただきます。

【日時】2017年5月31日(水)
18:30~20:30(開場18時)

【開催場所】東京ウィメンズプラザ〔1階視聴覚室〕
 地図 東京都渋谷区神宮前5丁目53-67
(*会場へのお問い合わせはご遠慮下さい)

【アクセス】
*JR・東急東横線・京王井の頭線・東京メトロ副都心線
*渋谷駅 宮益坂口から徒歩12分
*東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線・表参道駅 B2出口から徒歩7分
*都バス(渋88系統)渋谷駅から2つ目(4分)青山学院前バス停から徒歩2分
         
※ 会場へのお問い合わせはご遠慮ください。
※お車でのご来場はご遠慮ください。

【スケジュール】          
18:00 開場
18:30 開演 スワミジのお話の会「内なる母性を目覚めさせるために」
20:30 終了

<予約不要・参加費無料>

前日(5/30)までのお問い合わせ】
メールにて承ります。件名に「東京スワミジお話の会」とご入力のうえ、
下記のアドレスまでご送信下さい。
swamiji_tour☆amritaheart.com(☆マークを@マークに変えてください)

【当日(5/31)のお問い合わせ】
当日のみお電話にて承ります。
080-4198-5931(諸岡:当日のみ有効 16:00~19:00)
*お電話番号のおかけ間違いにご注意下さい。

(内容は、都合により多少変更されることもございます。あらかじめご了承下さい)

*スワミジのその他のイベント(日本MAセンター主催)については、
日本MAセンターのサイト(www.macenter.jp)をご覧下さい。



2017年5月5日金曜日

アンマ来日に向けて、皆様への感謝とお願い

いつもアンマ来日プログラムをご支援いただきまして、ありがとうございます。

既に今年のプログラムのためにご寄付をお寄せいただいた皆様、
プログラムガイドの協賛広告にお申込みいただいた皆様に、
改めまして、厚く御礼申し上げます。

昨年は、数多くの方が初めてアンマにお会いになり、総来場者数も増え、
会場が来場者の皆様にとって便利な場所であったことを、
アンマも喜んでおられました。
今年も昨年に引き続き、首都圏の会場不足が続いており、
日程や条件に合う会場の確保が困難を極めていた中、
幸い、昨年と同じ会場を確保することができ、
多くの方にとってアクセスの良い、渋谷での開催が決定致しました。

しかしながら都心は、会場費、諸経費が大幅にかさむため、
開催に必要な資金を作ることも困難を極めており、
プログラムを無事に開催するためには、より多くの皆様に、
例年以上のご協力を仰がねばならない状況になってしまっております。

会場でいただいたご寄付や、グッズ販売の売上金は、
すべてアンマの人道的活動に充てられており、
プログラム開催費用に充てられるご寄付は、
”開催前に、開催用にお送りいただけた分のみ” となっております。

どうか皆様お一人おひとりのご事情に合わせて、
ご無理のない範囲で、開催資金にご協力願えれば有難く存じます。

皆様の広量なるご理解ご協力に、心より感謝申し上げます。

以下の口座にご入金いただいたご寄付は、何も指定等なさらずとも
すべてアンマ来日プログラムの開催費用に充てさせていただきます。

【アンマ来日プログラム開催用 専用口座】

<郵便局でお振り替えの場合>

■郵便振替口座:00160-1-721040
■口座名:アムリタハート

<銀行にお振り込みの場合>

■振込先銀行名:ゆうちょ銀行
■支店名:019(ゼロイチキュウ)支店
■当座:0721040
■口座名:アムリタハート

■振込先銀行名:三菱東京UFJ銀行
■支店名:本店(店番号001)
■普通:1560667
■口座名:トクヒ)コクサイチャリティキョウカイアムリタハート

【その他のご支援】
<未使用切手でご支援>
使わずに本棚や引き出しに眠っている切手、記念切手、昔集めていた切手帳など未使用切手なら何でも大歓迎です。

<書きそんじハガキでご支援>
住所を書き間違えてしまったり、使い残したりした未投函のハガキをお送りください。

<商品券、図書券などでご支援>
上記以外にも各種商品券などを受け付けています。
(おこめ券、旅行券、未使用QUOカード、図書券、その他の商品券など)

未使用切手、書きそんじハガキ、各種商品券などは下記の住所までご郵送ください。
送り先:〒206-0804 東京都稲城市百村1620-1
特定非営利活動法人 国際チャリティ協会アムリタハート 支援係 宛

*資金募集活動についてお問合せ先:info☆amritaheart.org
(☆マークを@マークに変えて下さい)

皆様のご協力に心より感謝申し上げます。


2017年4月30日日曜日

第30回清掃活動(5/14)のご案内

『世の中の環境問題に意識を向け、共に活動しましょう』

というアンマからのメッセージのもと、東京都内の公園の清掃活動を行なっています。

ささやかな活動ではございますが、アンマの意図を実現するための一歩として、

是非ご参加いただけますと幸いです。
椅子を修繕・掃除中のアンマ

2015年 3月、インド・デリーの首相官邸にて、
アンマとナレンドラ・モディ首相との会談が行われました。
アンマは、会談の中で、ガンジス川とその流域の保全・美化活動に強い関心を示され、
首相は、2014年に首相によって始められたスワッチャ・バラット・アビヤンという、
インド全土の清掃・浄化活動に、
アンマが多大な貢献をしておられることに感謝の言葉を述べられました。
詳しくはこちら

ETWは現在、大規模な清掃・浄化活動を展開しています。
日本のアムリタハートも、少しでもアンマの意図を実現できるよう、
約一時間半のシンプルな活動ですが、清掃を行っております。
皆様と共に続けてゆけますと幸いです。

是非、お気軽にご参加下さい。

【日時】2017年 5月14日(日)午前10:30~正午(約1時間半)

【場所】戸山公園(高田馬場)

【集合場所】JR山手線 高田馬場駅 戸山口(新宿よりの改札出口)

*担当者が「アムリタハート」と記載した用紙を持ってお待ちしております。

【集合時間】 午前10:30

※10:35には集合場所から清掃場所(戸山公園大久保地区)へ移動を開始しますので、
  万が一、集合場所に間に合わない方がおられましたら、下記の携帯番号までご連絡下さい。

 090-6508-7379(※当日のみ有効 09:00~12:00)

【活動内容】公園の掃除:ゴミ拾いを中心に公園の衛生を強化する。

【持ち物】掃除用具は揃っておりますが、
          飲料水、タオル、軍手等、ご自身に必要な物は各自ご用意下さい。
          (小雨程度の場合は決行致しますので、カッパ等もあると便利です)

【その他】動きやすい服装や靴でお越し下さい。
※15歳未満の方は、保護者の方ご同伴でのご参加をお願い致します。

【連絡先】

●前日(5/13)まで はこちら

●当日(5/14)連絡先 090-6508-7379(※当日のみ有効 09:00~12:00)

【担当者】小野、五十嵐

大雨などの場合は、延期させて頂く場合がございますので、
天候によっては、当日お問い合わせ頂けますと幸いです。
(小雨程度の場合は決行致します)

どうぞお気軽にご参加ください。

2017年4月17日月曜日

「アンマ来日プログラム」チラシ配布のご協力募集

お一人でも多くの方がアンマに会われますよう、お一人でも多くの方のお手元に、
チラシをお届けしたいと思っております。

アンマ来日プログラムのチラシは、
こちらからダウンロードしていただけます。

例年、インドレストランや書店、雑貨店、ヨガ教室、オーガニックショップ等にチラシを置かせて頂いたり、また、地域の様々なイベントなどで、チラシを配布して頂いたりしています。
お知り合いの方にお配り頂けるなど、ご協力いただける方には、必要部数のチラシをお送りさせて頂きますので、お気軽にご連絡下さい。

なお、諸事情により、お送りさせて頂くのは、20部以上配布いただける方のみ
とさせていただいております。また、送付までにお時間を頂戴する場合がございますが、
あらかじめ、ご了承下さい。

ご希望の方は、Eメールにて承ります。
Eメールの件名に「チラシ送付希望」とご入力頂き、
本文には部数(20部以上)と、お名前、送付先、お電話番号をご入力の上、
下記のアドレスまでご連絡下さい。

【お問い合わせ先】santosh☆willcom.com(宮沢)
(☆マークを@マークに変えて下さい)

皆様のご協力に感謝申し上げます。

2017年4月11日火曜日

奈良シャンタジ・ネーチャー(5/7)交流会※要予約

シャンタジとともに、自然農創始者として知られる川口由一氏より、
川口氏ご自身の田畑を見学させていただきながら、
自然農について学ばせていただく勉強・交流会を開催させていただきます。
午後は室内にて、シャンタジや川口氏の自然についてのお話を聞き、
自然農のスライド上映を鑑賞し、質疑応答の時間等を予定しています。
お昼は各自ご持参下さい。

【日時】 2017年 5月7日(日)11:10~16:00
(*プログラム開始後の途中退場のみ自由。集合時間は厳守でお願い致します

【集合時間・場所】11:10 JR桜井線 巻向(まきむく)駅 集合
(巻向駅から皆で移動します)

【JR巻向駅のアクセス】JR奈良駅より桜井線にて7駅。乗車時間約30分。

【開催場所】奈良県桜井市の田畑

【持ち物】昼食や飲み物は各自ご持参ください。
雨天決行のため、雨具やタオル等ご自身に必要な物はご持参ください。

※川口さんの会への直接のお問い合わせは固くお断りしております。
ご理解ご協力をよろしくお願い致します。

<要予約>
【お申込み方法】Eメールにて承ります。
件名に「5/7奈良シャンタジ」とご入力のうえ、
本文には、お名前、参加人数、急な変更等のための携帯番号をご入力いただき、
下記のアドレスまでご送信下さい。
Eメール shantaji_tour☆amritaheart.com(☆マークを@マークに変えて下さい)

【お申込み締め切り】5月4日(木)

【お問い合わせ】メールは件名に「5/7奈良シャンタジ」ごご入力下さい。
Eメール shantaji_tour☆amritaheart.com(☆マークを@マークに変えて下さい)
電話 090-2061-6513(17時~22時:上田)
 
【当日(5/7)連絡先】090-2061-6513(上田)

<かわぐち・よしかず氏・プロフィール>
●1939年、約8反歩の田畑を耕作とする農業と、養蚕・製麺を副業とする日本の平均的な農家の長男として生まれる。
農薬・化学肥料を使った農業で心身を損ね、いのちの営みに添った農を模索し、1970年代半ばから自然農に取り組む。
耕さない・肥料農薬を用いない・草や虫を敵としない農法の第一人者。
著書に『妙なる畑に立ちて』(野草社)『自然農-川口由一の世界』(晩成書房)など多数。