2018年6月13日水曜日

ETWはtrillion tree campaign(1兆本の植樹キャンペーン)の活動に取り組んでいます

2018年3月、モナコにて、
trillion tree campaign(1兆本の植樹)の誓いを立てる記念式典が開催されました。

記念式典には、モナコのアルベール2世(モナコ公国の大公)や国連事務局長をはじめ、様々な団体の代表者が1兆本植樹の誓いを立てるために集いました。

このキャンペーンは、国連環境計画 (UNEP)によって2006年に開始された
Billion tree 10億本の植樹キャンペーンから始まり、
現在は、世界中の多数の団体が協力関係を結び、大勢の人の協力によって、次々に目標数が達成され、今日では1兆本(trillion)の植樹を目指すまでとなっています。
ETWからはBri.ディーパアムリタが参加、モナコ公国の大公、国連事務局長等と共に。
エンブレイシング・ザ・ワールド(ETW)も、このキャンペーンに積極的に参加し、
活動を行っています。

ETWの代表者として、アンマはこの式典にビデオメッセージを送られ、
アンマはスピーチの中で、
自然の調和を維持する上で、森林が最も重要な役割を果たしていることや、
各国は、残りの森林を保護し、できるだけ多くの樹木を植えようとするべきであること、そして一人ひとりが一ヶ月に1本の木を植える誓いを立て、一年に12本の木を植える必要があることなどをお話になられました。

日本のグリーンフレンズ(ETWの環境保全部門)も、
植樹祭や育樹祭等に積極的に参加し、活動を行っています。

6月23日(土)育樹祭参加のご案内はこちら