2016年2月13日土曜日

ETWの活動 アムリタ大学のトイレ建設


ETWの活動の一環として、アムリタ大学のトイレ建設の取り組みでは、村の女性達に対し、彼女達のコミュニティーに自分たち自身でトイレの建設、設置、管理ができるように、石工、配管、電気配線の職業訓練も提供しています。
インドの屋外における排泄行為を止めるための、ETWの取り組みを手助けするために、
ジョージア州アトランタのウェストミンスター高校のアメリカ人学生8人が、インドのカルナタカ州、ビセまで、はるばるやって来ました。学生たちは、ビセの女性が自分たちのトイレを建設するのを手伝い、そして、文化交流も満喫しました。


村の人たちは、基本的な訓練を受けたのち、この取り組みを主導し、学生たちの手助けを受けました。このユニークで革新的なアプローチは、インド全土で屋外排泄をやめさせることを目標とした200クローネ(30万ドル)の公衆衛生キャンペーンのうちの一つです。この提携は、アムリタ大学によって組まれました。そして3月には、ロサンゼルスから第二グループとして、学生がやってくることになっています。

衛生状態の向上および女性に対する暴力の減少につながる、野外での排泄に終止符を打つことを目的としています。訓練の一環として、読み書きのできない農村部の女性たちに、自分自身の名前の書き方も教えています。多くの場合、写真のウッタル・プラデーシュ州ラクナウ出身の女性のように、彼らが自分の名前を書くのは初めてのことでした。